2013年1月7日月曜日

この前のレンズと、HOLGA HL-Nとの比較

 この前作った、TOGODO NEW MK LENS 50mmF5なんだけど、トイレンズと考えれば……と言いつつ、じゃぁ、トイレンズと比較してどうなのか? とか思ったので、さっさと比較してみた。

 と言っても、手元にあるトイレンズは、HOLGA HL-N 60mmF8.0だけなんで、ちゃんとした比較になってないかも。

 何はともあれ、前作ったレンズで更に撮ってみる。




 あー、最近、ドール撮るのに情熱が沸かない。前は、結構やる気出ていたんだけどなぁ。
 とぼやきながら数カットだけ撮影。
 見ての通り、撮影距離が40cm前後で固定という素晴らしいレンズです。
 この前に、Rollei35Sでドール撮ってみたけど、こっちはこっちで、最短撮影距離が90cmだから、撮れる絵が限られすぎて困る。

 で、次が、HOLGA HL-N。
 このレンズは、HOLGAのレンズを使っておきながら、期待したような汚い写りにならないってんで、急遽、周辺光量落ちを起こすためのリングを作ったり、その用途向けのレンズを作ったりした経緯がある。
 ただ……ちゃんと写すつもりのカメラが、実はアレだった。って言う所にHOLGAの魅力があるのだから、「何が何でもダメな写りにしたい!」って言うの"やらせ"っぽくて好きになれない。
 むしろ、「ダメなモン作ったけど、案外マトモに写った」の方が、"自然"なんじゃないかとか。
 まー、自然である事が正解だって訳じゃないんだけどさ。

 手持ちのレンズは"写りがいい"ダメなレンズである。
 尤も、HOLGA自体120フォーマットのカメラだし、周辺光量落ちに関しても、フルサイズのカメラ中心に考えているかも知れない。APS-Cのカメラは"おいしい"領域を使っているから、こう言う事になるのだろう。
 と、ご託を並べた所で、作例。

 作例って言葉自体どうなん? と突っ込まれると、ご免なさいするしかないですね。
 ええ、まぁ、常に本気で撮れよってね。

 難しい所は兎も角、暗いよF8.0! ファインダーの中真っ暗だよ!
 ストロボも背後へのバウンスじゃ利かないんで、壁に当ててみたり、ISO800まであげてみたりと、色々大変。
 この前の、スナップショットカメラの件だけど、最低でもF5.6は必要だよ……となると、やっぱり絞り機構も入れなくちゃいけなくなって……って、凡庸なカメラになるよ!

 その話は兎も角、拡大すると、ピンが甘いです。むしろ来てません。
 レンズがそうだからってのもあるし、最短撮影距離が50cm(本当か?)ってのもあって、こちらもかなり苦戦。
 ドール撮影用に丁度良いレンズってないもんですかね? って、普通のレンズを買えばいいことですが(汗

 で、比較になったのか? って話なんだけれど、これじゃぁ、比較も何も……
 どっちが面白いか? ってなると、自作したレンズの方が、いろんな意味で楽しいですね。
 「HOLGA HL-Nイラネ!」って気持ちいっぱいですが、どうしましょうか?