2017年5月23日火曜日

ホココスのこと(写真はない)

 非常に個人的な話だが、写真がダメダメだったので、なんか、細かい事考えたくない感じだ。
 言い訳をするなら、熱中症だったのか何だったのか、バテ気味で撮るとあかんと言う事だろうか。(途中、視野狭窄に襲われたし)
 体力を付けろという話でもあるのですが。


 ホココスに関しては、運営がダメだなんだと言う話があったものの、八時集合で列に並んだと言うのもあってか、割とスムーズに片付いたと言う印象がある。
 まぁ、受付が遅いだなんだと言う話はあるのだろうけど。

 コスサミよろしく、露出レイヤーとローアングラーが囲み撮影してたとか、そういうのは見なかった。
 一方、(コスサミはOKなのだが)コスプレのまま久屋大通の駅に消えていったレイヤーを目撃したし、また他方では金山で見たとか言う話もある。(同一人物の可能性があるが)
 撮影章が(見え)ないカメコも多少は見かけたので、この辺、コスサミみたくもっと開けっぴろげの方が、逆に管理しやすかったのかも知れないかなと。

 あと、個人的な恨み節になるが、大須の商店街が撮影OKなのかどうかが、割と微妙で、商店街に踏み入れなかったけど、実のところは、普通に撮影していたので、「場所を取らないように撮る」ってので慎重になった人が割を食ったような気がする。(富士山公園ぐらいまで行ったが、レイヤーさん一人も見かけなかったので戻ってきた)
 この辺に関しては、ホコ天開催までの間に、矢場公園が芋洗い状態になってたので、大須商店街に、人を誘導出来れば、もう少し分散出来たのかなと。

 さて、ホココスはコスサミの前哨戦と言った趣。既に三十度を優に超えていた訳だけど、真夏は一体どういうことになるのか。

今日の散歩

 今日は、遠回りしつつ1.5時間ぐらい歩いて徳川園に。
 そんでもって、メーグルに始めて乗って帰って来たと言った感じ。
 その割に、写真一枚しか撮ってないんだけどね。

 歩き慣れてない土地を、あんまし考えずに歩くと、街の作りって言うのが、如何に画一的に作られないかと言うのが分かる。
 名古屋は割と区画整理が進んだ街と言うイメージがあるけど、それても、歪な道路があり、また、その地区その地区で空気感が違ったりするので、分からぬ所を歩くのはいい事だ。


2017年5月18日木曜日

D3100の作例(室内でドールとかだよ)

 感触としては。
 軽い、(色んな意味で)小さい。
 ですねぇ。

 ミラーにしても、レンズにしても、こんだけちっちゃいもんかー。とか思ってしまうダメなカメコである。
 尤も、18-200はD3100にとっては、若干トップヘビー気味。というか、殆どのレンズが、トップヘビーになるか。
 といっても、別に全体が軽いので、別に困る事はないのですけど。



↑こっちが200mmで撮ったの。中華ストロボを焚いてます。ISOは800にしてます。


↑同じく中華ストロボを焚いた18mm(こっちはISO100)

 拡大してみなければ、全然使えるんじゃない?
 尤も、家のテレビに映す程度まで広げると、多分、素人でも区別が付いてしまいますが……カメラトレンズの性能に頼ってましたorz

D3100のこと

 作例に移る前に、色々と確認事項。

#D3100でオールドレンズを使うには #D3100でマニュアルレンズを使うには #D3100でFlashAirは使えるのか
 に、ついて説明します。

①AiAFレンズを付けた時。
 モーターがないので、AFは動きません。
 でもまぁ、Aモードとかで撮れるし、フォーカスエイドインジケーターをONにすれば、ピントで苦労する事はないでしょう。
 慣れの問題だと思って、頑張れば、まぁ、お安くレンズ資産を増やせるのではと。

②Pレンズ(CPUレンズ……フォクトレンダーとかツァイスのレンズ)を付けた時。
 ①と特に変わらないです。

③非CPUレンズを付けた時。(或いはマウントアダプター使った時)
 これは、Mモードじゃないとシャッターも切れない。
 そして、Mモードにすると、フォーカスエイドインジケーターが表示されない!
 まぁ、スナップ修行だと思って、レンズのフォーカスの指標とか見て、距離計付いてないカメラ気取りで撮るしかないかなと。

④FlashAir
 FlashAirの32GBは、きちんと動作しました。




安くカメラを始めるのに必要なお金

 カメラを買いました。
 と、言っても、自分用ではなく、家族用。
 詳細は伏せますが、まぁ、兎に角安くしたいと言うので、大体目星付けて、カメラ屋さんに。

 買ったのは中古のD3100と、これまた中古のTMRON 18-200mm F/3.5-6.3 DiII VC。合計で、三万五千円弱。
 バッテリー、バッテリーチャージャー、ストラップも付いていましたが、まぁ、バッテリーはへたれてるだろうし、ストラップぐらいは新しい物付けた方がいいし、ってんで、残る付属品は、SDカードとバッテリーとストラップ。
 バッテリーはコンパチのを手に入れて、SD(16GBもあれば充分)もストラップも安いのでええでしょうってなると、四万円ぐらいで全部揃う計算となります。

 ニコンを選んだのは、自分がサポートしやすいってだけの理由で、キヤノン選んでもよかったんですけどね。(というか、そっちの方がベターかも)
 ポトレの方がメインだって人は、これよりもシグマの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMの中古の方がいいでしょう。それと中華ストロボ使えば、一応、格好は付きます。
 それでも、五万円はいかないかなぁ。

 尤も、カメラ趣味やって金銭感覚が狂ってると言う意味での、五万円なので、常識的に考えると、まぁ、躊躇するお値段かなとも。
 ただ、どんな趣味でもスターターキットって、最悪でもそれぐらいするかなぁって気はしてます。まぁ、下を見れば、もう少しお安く(多分、3.5万円ぐらいで)仕上げられるのですけど……でもそこ行くぐらいなら、ハイエンドコンデジの中古の方が綺麗に撮れるかも(汗


 一応、家族のモノになる予定なので、お外へ行って撮るってのは、やめておきます。
 作例と、気になった事については、次のポスト以降で。

2017年5月12日金曜日

今日の散歩~栄生の北の方




#自然光だけで撮った写真を晒すとRTが来る

 Twitterに書いたことのまとめー。

 太陽光は理想的な光源であると言う事だけは最初に言わなくちゃならない。
 演色性は完璧(というか、太陽光に近い明かりを演色性がいいと言う)だし、こんなに強くて広い範囲に当たる光源が、ほぼ無償で降り注ぐのだから、これを使わない手はないですぜと。

 この前、逆光で撮れって話と同じだけど、気をつけるのは、被写体(特に顔)に映る影をなくそうと言う話だ。
 撮影者自身の影が映ることもあるし、建物なんかの影、そして、鼻とかに出来る影もだ。

 撮影者自身の影は、接写を避ければいいわけで、なるべく望遠側を使えば気にしなくて済むだろう。或いは、ローポジションから撮るってのも作戦の一つだ。

 次に、建物なんかの影は、キチンとファインダー見て確認しろとしか言えない。まぁ、この辺は場数と現像の時にちゃんと反省出来るかだな。

 被写体自体の顔に出る影に対する対処法は三つほどある。

 一つ目は、逆光で撮るという事。
 補助光ナシでは、顔が暗くなるか背景を飛ばすかを選択しなくちゃならん場面もあるから、この辺は、色んなパターンを撮って、好きな絵を作ればいいんじゃないかな。

 二つ目は、影には入って撮ると言う事。
 影と言うのは、要するに、太陽光が充分に拡散された状態と言えるから、顔に強い影が出る事は少ない。木陰だろうと、建物の影だろうと、使えるモンは使っていけばいいと思う。



 三つ目は、太陽に真っ直ぐ顔を向ける(というか、写らない方向に影を向ける)と言う事だ。
 裸眼の人間がやるとまぶしくて仕方ないので、ドールなんかにしか使えない手だけど、一番分かりやすい手段だ。



2017年5月11日木曜日

今日の散歩~名鉄百貨店

 建て替えが決まったことだし、屋上の写真でも撮っておこうかと。


2017年5月3日水曜日

F1.4 / F16 #F値

「F1.4で撮ったF16」と、「F16で撮ったF1.4」と言うネタです。



2017年5月2日火曜日

プラモとかを撮る時について

 昨日の写真は、背後にハニカムグリッドと、正面に置いたストロボを壁に当ててバウンスさせたと言う感じで撮りました。
 使ったのは85mmマクロ。F5.6まで絞りましたが、撮影距離(以下WD)が短いものだから被写界深度がむっちゃ狭いですねぇ。
 背景を考えるのが面倒なので、シャッタースピード(以下SS)1/250secにして、窓はカーテンを引きました。
 撮影条件は割としれっと決まったけど、ストロボの配置で悩みまくりの撮影だった。

 プラモデルみたいな小さいものは、撮影環境をコンパクトに出来るから、お金も掛けずに色々試せて楽しいなって感じです。
 中華ストロボでもいいので、二灯以上あると楽しいですよ。
 撮るモノの大きさが決まってるなら、ちっこいテント状の撮影ブースもいい選択肢かもですが、最悪、段ボールと白い布使って千円以下で作れるので、そこで試行錯誤してもいいかしらと。(折りたたみが出来ない分、自分用にカスタマイズ出来ますし)

 レンズは85mm使いましたけど、(換算)60mmマクロぐらいの方が使いやすいかも知れません。構図とかピント会わせるのもそちらの方が楽だし、軽いしだし。
 ただ、被写界深度を考えると、広角レンズで寄ってみるってのもよいかなぁとも思います。但し、そのときは、WDがもっと狭くなるので、自分が邪魔(影になったりして)でストロボの配置に悩む可能性もありますね……

 尤も専らマクロ撮影するって風じゃなければ、標準レンズにクローズアップレンズなり、エクステンションチューブなりを付けた方が安上がりですねぇ。

 最後に定常光をどうしたらいいかって話ですが、これも悩みどころです。
 以前、百均のLEDライト(USBに接続してフレキシブルに首が振れるやつ)を四つ買って試したことがあるのですが、撮影するには幾ら何でも暗すぎたって事がありましたね。




 真面目に凝った撮影をするとなると、照明の数も増えるので、電源コードの取り回しも大変だし……と言うこともあり、お部屋のスペースとの勝負にもなるのが辛いところ。
 箱に高輝度LED沢山取り付けて、、ラズパイ辺りで制御って道も楽しそうですねぇ……

2017年4月30日日曜日

超広角編3/3




超広角編2/3





超広角編1/3

 全部15mm付近で撮りました。
 この辺りの画角になると、顔を端の方に持って行けないと言う点で、構図的に難しくなるかなぁと。しかし、ちょっと引くと、一気に遠ざかるしで、ままなりませんなー。
 半逆光ばかりだったので、NDフィルターとかはいりませんでしたね。






2017年4月27日木曜日

今日の散歩


SQ10のこと

 別に商品にケチつけるつもりないけど、特に「新しい」商品ではないよなぁと。
 何度もトライして、何度も失敗してるって感じ。
 憶えている限りで、FUJIFILMが1回、Polaroidが二回失敗してたはず。

 で、昨今のレンズ付きフィルムブームだけど、「失敗出来ない/失敗も結果として残る」ってのが、キーワードとして必ずと言っていいほど出て来るのは、この点を語るのに、非常に重要な点なのではないかと。
 つまり、「上手く撮れた写真しか出力しなくてお得」と言う考え方は、確かに需要としてあるかも知れないけど、お得さで考えるなら、そこらのコンビニで出力した方が安いだろうし、「イマココ性」を大切にする人は、別に失敗は失敗として許容出来るのではないか? と思ったりする。
 そんなわけで、「撮って自動で出力」と言う手軽さを、「撮って確認して出力」としてしまうと、出力してからのお楽しみがなくなるし、確認してしまうと、出力のワクワク感が減ずるんじゃないかなぁと。
(少なくともプロモーション映像見ると、机いっぱいに写真を広げている訳で……)

 確かに、過去の商品よりアップグレードしている部分はあるだろう。でも、根本的なコンセプト自体が、どれほどの層をひっつかめるか謎だなと思う。

2017年4月22日土曜日

フレーム・アームズ・ガール~スティレット

 プラモガチ勢じゃないから、スミ入れて、素組みしかしてないよ……つか、塗装、マジでどうしよう……






2017年4月20日木曜日

ミラーレスのこと

 α9も出た事だし、簡単に思う所を……

 光学ファインダーの美点が、ミラーレスの美点で覆い被される時期はいつだろうと言う話で、EVFとペンタプリズムとどっちがいいんだって話は横に置いておいて、20連写でブラックアウトしないんだぜ? とか言われると、そちらに靡く人は多いのではないか?

 EVFが光学を凌駕することは、仮に遠いとしても、その差が(他の機能を加味して)どうでもよくなるぐらいになるのは、人によっては既に通り過ぎた道なのだから、多分、一眼レフは衰退の道を辿るだろうなと。

 そこで、レンズ資産の一番豊富なニコンが、わざわざ、現行のレンズをほぼ利用出来ないニコワンを作ったのは、本当に愚策だと思ってたし、現状、カメラのラインナップが二つに絞られているところからして、「やってしまったね」と思う訳だなと。
 ニコンがやれる事は、フルサイズ用のミラーレス(フルサイズ信者じゃなくても、現行のレンズが使いたい人)を出していくしかないのではなかろうか?

 勿論、センサーサイズなんてどうでもいいから、小柄で軽快なミラーレス欲しいってニーズは沢山あったと思うけど、パナのエントリー機種とどっこいの大きさだし、デザインも傑出したものはなかったし、ってな理由で、ニコワンが期待外れに終わったってのも、原因の一つだと思うのだよ。

 少なくとも、無理出来るうちに投入して、ある程度のシェアを確保出来れば良かっただろうけど、遅きに失した感はある。
 一刻も早くリソースを最適化すべきなのでは?

2017年4月19日水曜日

高倍率ズームの画質のこと

 まぁ、ぼやきみたいなものなのだけど、タムロンの16-300とシグマの18-300のどっちがいいかって話があって、「画質がいいからシグマにしなよ」とか言う結論に至ったようで、なんか、それについては、些かもやもやした感じはある。

 ぶっちゃけ、こんな高倍率ズームで画質云々と言うのは、正直どうかと思うし、仮に画質重点なら、ニコンの18-300の高い方を選べば間違いないと思うのだよ。
 もっと言えば、画質気にしなくちゃいけない作品には、高倍率ズームなんて使うなよと。
 初心者相手に、16-300とシグマ18-300を比べさせて、どっちの画質がいいかなんて、多分、判断出来ないぜ、一眼レフとiPhoneの区別も付かないぐらいなんだし。
 なんかこう、世間の下馬評に、見る目も引っ張られているんじゃないかなぁと。

 勿論、作例を幾つか見る限りでは、シグマは全体的に粘り腰って感じがあるけど、中心部は、タムロンの方が自然に感じる。(周辺はまぁ言うな)
 でも、その程度の差で、ワイド端16mmを捨てるってちょっとどうなの? って気がするのだよ。

 レンズ選びは、色んなファクターが入ってくるから、何が一番とは言わないけど、世間の言う「画質」ってそんなに必要なモノなのかなと思ったりもする。
 重さや使いやすさってのも、かなり重要だよ?

名古屋市科学館

 名古屋市科学館、見所沢山ありまして、細かく説明するのもナンですので、今回行ったところだけ軽く説明。

①放電ラボ
 テスラコイルが放電しまくる。
 三回ほど入っているけど、未だに写真の成功例が低い。
 空中故に置きピンみたいにして撮らなくちゃならんのだけど、何処に置けばいいんだよ! って感じ。
 一回の実演で、三回放電してくれるのだけど、三回目はテスラコイルの真下ぐらいまで行けて、近くで放電を見られるわけだけど……ここでピントを合わせるのが一番難しい。


②極寒ラボ
 マイナス30度が経験出来るんですが、5分間がむっちゃ長く感じる。耳が痛い。
 誰か行きたい人がいるってんでなければ、二回目はいいかな……

③竜巻
 これもピント合わせるのが難しい。
 これはボタン押しただけ回ってくれるから、粘ってもいいけど、まぁ、何度も撮ってるしってんでこんな感じ。


④プラネタリウム
 世界一デカいプラネタリウムと言えば、それで説明が終わってしまう。
 科学館の建屋は、正面から見て、デカい球体が載っかってるが、その上半分がプラネタリウムになっている。
 リニューアルする前のプラネタリウムも直径20mとかあったから、名古屋はデカいプラネタリウムが昔から好きだった模様。
 下の階の展示室には、昔の機械も展示してある。

 平日は割と素直に席が取れるのだけど、休日は早めに行かないと、席が取れないor夕方の方の上映しか席が取れないと言う事が発生しますのでご注意。(ネット予約も出来るけど抽選だ)
 尤も、再入館可能なので、予約だけして、大須辺り観光/食事して戻ってくるって事も可能。


⑤その他のこと
 名古屋市科学館のプラネタリウムは、他の展示室と含めて大人800円、大学高校生500円、中学生以下無料。敬老手帳持参で200円、ドニチエコ等の交通局系一日乗車券提示で一割引、その他、トリッキーな割引制度あり。

 展示室多いから、感心多い子なら一日潰せる。
 ここからでんきの科学館(無料)梯子するのが、今も昔も、名古屋の子供のセオリーだったりする。