2017年9月19日火曜日

今日の散歩





2017年9月15日金曜日

栄せんべろ散歩

 まぁ、今回も二千円近く行ってしまったので、せんべろとは言えないのですけど、三千円までは妥協して店を開拓しようって言う感じなので、その辺どんぶりで行きます。

 今回は、酒津屋中店さん。
 栄の地下街の中にありまして、店の雰囲気はまさに大衆居酒屋って感じです。
 いや、こう言う書き方しますけど、大衆居酒屋な店にも、小綺麗なのときったねぇ店と二つありますが、こっちは前者。まぁ、地下で汚くしたら地獄ですからね。

 地下街には、通り一本向こう側に東店があります。店の雰囲気はどちらも似たような感じでしょう。
 そうそう、この中店ですけど、名城線の改札出たところにあって、立地は抜群、あと、店頭左側にミルクスタンドがあって、ミックスジュース(120円)が飲めたりします。



 ランチもやってるというか、ランチがメインかも。





メニューに出て来るのは黒ラベルですけど、赤星も頼める模様。



そんなに辛くない激辛ソーセージ。



男爵コロッケ。



中ジョッキで出てきたのは、酒津屋ハイボール(トリスハイボール)



マグロ刺し。

お会計
生中      \  410
ハイボール   \  350
激辛ソーセージ \  430
男爵コロッケ  \  310
マグロ刺し   \  440
合計      \1,940
といったところで終了。鮪刺し行かなかったら、1500べろ達成してたなぁ。

2017年9月10日日曜日

カリっとした写真にならない(後編)

 と言う事で、説明になるのだけど、一つ目の原因として考えられるのが手ブレ。
 一枚目の写真を見ると、全体的にブレている感じになっているのが見える。



 この時のシャッタースピードは1/6秒と言う超スローシャッター。手ブレ補正付きでもなければ、手持ちでやっちゃいけないレベル。でも、夜の室内でISO感度を200なんかで撮ろうと思うと、ついついこうなっちゃいがちなので気をつける必要がある。



 対策は単純にISO感度を上げて、シャッタースピードも上げる事。
 ISO感度オートにしていれば、プログラムオートで撮っても、ここまでシャッタースピードが落ちる事はないと思う。
 どうしても増感ノイズが気になるようなら、部屋の照明を明るくするなら、ストロボを買えば良い。ストロボは、三千円程度のモノでも、自室で撮る分には能力不足にならないと思う。
(或いは手ブレ補正付きのレンズなりカメラなりを手に入れるって事もあるけど、設定で対策出来るなら、設定変えればいいだけだからね)


 もう一つ考えられる理由は開放絞りだ。
 こっちは、オートモードで撮っていると勝手に開放絞りになる事が多いので、ついつい陥りがちである。
 こうなった写真の見分け方は一つ。
 ピントを合わせたところにちゃんとピントが行っているかどうかである。
 と、言う事で三枚目の写真を見よう。



 この写真、左目を見ると、ちゃんとピントが来ているのが分かる。
 この時の絞りはF1.4だ。F値は小さければ小さいほどピントが合う範囲が狭くなる(技術的には正確さに欠ける表現だが、そう考えていて間違いはない)。

 で、解決策は一つ、ISO感度を上げて絞りを絞ればいい。
 ISO感度をオートにして、絞り優先モードにして、絞り値を少しずつ増やしていって色々試して撮ってみれば良いと思う。


 こちらの写真は、F4.0にした写真。全体的にカリっとしてくる。

カリっとした写真にならない(前編)

 カリっとした写真にならないと言う話が出ていて、なんか、レンズを変えろだの、C-PLフィルタだの、UVカットフィルターだのを買えだのと色々と言われておりましたが、なんかその辺は全然写真見ていないで判断してるんじゃないかとかナントカ。

 考えられる理由は二点。手ブレと開放絞りだ。
 ざっくりとした説明は下の二枚。(ナンバーリングがしくじっているけど気にしないで!)
 細かい解説は、また次回にでも。



電柱なくそう団体の写真コンテスト 美しい電柱風景の作品投稿が殺到し論争

電柱なくそう団体の写真コンテスト 美しい電柱風景の作品投稿が殺到し論争
https://www.j-cast.com/2017/09/09307591.html

 かなり前から言っている事だけど、美醜は人の主観で決まるモノで、主観で政策を決め手はいかんのだよ。
 防災の面で必要だというのならそれは当然と思うけれど、美しいか醜いかというのでそれを決めてしまうと、美しくない全てのモノを否定することが許されてしまう。

 僕からしたら、景観を美しくさせない一番のモノは、絵になるわけでもなくそこにいる有象無象の人間どもだったりする。
 江戸の風景に電柱はなかったと言うが、遠景に見える高層ビルもなかっただろうし、洋服を着てカメラをぶら下げた人間もいなかっただろう。江戸時代の江戸を実際に見たことがないので判断出来ないが。
 結局、こう言う人達がやりたいのは、景観に配慮したと言う姿勢を見せる事だけである。そして、その手の決まり事ありきの景観は、それさえ行えば、問題は万事解決すると言う発想に繋がるのだ。そう言う姿勢が、景観を美しくないものとするのだ。


 断捨離の話で、自分に不要だと思った嫁さんが旦那の持ち物を捨てたなんてのと一緒だ。人それぞれに大切に思う心があるのだ。(尤も、それが他のもっと大切な条件を理由としているのならば許されるだろう。子供が出来たからタバコを捨てるとか)

2017年9月4日月曜日

ストロボ直射マン

 日の丸構図に続いて、盲目的に皆がダメだと思っている写真にストロボ直射ってのがある。
 まぁ、気持ちは分からないでもないが、個人的には、楽なんで直射しまくっている。あと、ストロボの出力が弱いから……



って事で、先ず、逆光で写真撮るとこうなる。分かりやすい。



しゃーないからストロボ炊くと、まぁ、こんな感じ。明るすぎて、若干浮きます。



 そんなわけで、ストロボの出力を調整しますと、大体こんな感じです。
 それ以上は、もう、何も言うことがないんですけどね(汗




2017年8月28日月曜日

望遠レンズの圧縮効果 ←こんなもの存在しません

望遠レンズの圧縮効果 ←こんなもの存在しません
https://togetter.com/li/1143653

 昔の話をするなら、解像度に余裕がなかったから、超広角から一部分を切り出すっていう事自体がナンセンスであり、望遠を使うしかなかったのではないかなと思うのですよ。
 そう言う意味で、今は意味のないものとして、望遠圧縮効果って言葉の存在自体は残してもいいのかなと。

 もう一つの問題としては、



こう言う効果をどういう言葉で説明しようって話なんですよね。


2017年8月26日土曜日

金山せんべろ散歩

 昨日は、金山の歓酒亭大安に行ってきたよ。
 二人で行ったので色々頼みました。
 若干汚めな感じの外観で、まぁ、中身も如何にも酒場って感じの立ち飲み屋さんですけど、清潔感がない感じではないです。(汚いとこでもガンガン行くので、その基準から言えば綺麗)
 むっちゃ人が混んでて、そこに無理矢理押し込む感じで立ち飲みです。
 生中450円はまぁ、普通の値段ですけど、食い物が安いのでそこでバランス取れるかな。1500円で飲める感じ。
 あと、加賀鳶大吟醸(細かい銘柄はわからん)810円(だったはず)がかなり美味かったのでこれもよかった。
 最終的には、一人2600円。


鱧の湯引き350円


鰹のたたき350円


レバ刺し230円
ハツ刺し280円


せせり(二本)240円
砂肝(二本)240円


2017年8月24日木曜日

大曽根せんべろ散歩

 名古屋に安くて呑める所はないのか? と言う、純粋な疑問に答えるべく、あちこち飲み歩いてやろうって言う企画を勝手に始めるよ。

 なお、せんべろは千円でベロベロって意味だけど、本当に名古屋でコレ出来る店って見つからないと思うから、1500円目標にして呑みにいくよ。(3000円ぐらい行っても載せるけど)

 続くかどうかは肝臓とモチベーション、そして、己の就職活動の具合によるぞ。

 今日は、大曽根のかどやさんと佐野屋さん。

 

 かどやさんは、大曽根駅のガード下にある麺処、酒処。
 一時過ぎに行ったけど結構混んでた。こりゃ、アフターファイブは混むところだね。
 ざっくりしたお値段はメニューの通り、串カツは味噌かソース、おでんも味噌かからしかを選べる。
 ビールはアサヒとキリンが選べたりします。
 普通のおそば屋さんって感じだけど、この時間は、大体みんな呑んでるねぇ。とは言え、騒がしい雰囲気じゃないので一人で入って飲むのに躊躇はいらない。



 あとは、今日のおつまみって事で、鮪の山かけ(400円)を頼みました。

 大瓶     550円
 串カツ    250円
 おでん
  厚揚げ   130円
  こんにゃく 100円
 鮪の山かけ  400円
 合計    1,430円

 店出てから、タイムセールで生中が350円である事に気付くが時既に遅し。


 続いては佐野屋さん。
 場所は、大曽根の商店街(駅出てすぐ西の方)の中にあります。
 完全な撮禁じゃないけど、声を掛けてねって書いてあって、とは言え、なんかワンオペで大変そうだったので、中の写真はなし。
 まぁ、ググれば出て来る。
 こっちも、常連っぽい人が駄弁ってましたが、清潔感のある店内なので、特に入りにくい感じはなかった。(一件目で呑んだからかもしれないけど)


 ビールはアサヒかハートランドが選べます。生中300円、生大500円は良い感じね。
 赤星も瓶で出たりします。
 おつまみは、横に掛かってるお菓子を取るもよし、注文するもよし。
 焼鳥が一本80-120円(二本単位で注文)他、なんか色々。憶えきれず逆に忘れた。
 とは言え、中途半端なおつまみじゃないので、失望はないはず。

 角打ちなので、酒の種類は豊富。そりゃそうだ。
 あと、一品ごとの清算なので、自分で飲む量決めて、小銭を積んでおくのはアリ。
 あと、僕が言う事ではないけど、立ち飲み屋に過剰なサービスを求めるのはナシだし、呑む気がないなら長居せずにさっさと出るのが鉄則。(張り紙がしてあったけど、これは他の立ち飲み屋にもあることね)

 二件目ってことで控えめに、

 ハートランド生中 300円
 シーバスリーガル
     ミズナラ 200円
 砂肝串x2     240円
 合計       740円

 まぁ、良い感じで呑めました。

 他の店も徐々に開拓していこう。

2017年8月22日火曜日

雷撮影

 ものは試しだと雷の撮影に挑戦したけど、完全に運の問題だなと痛感。
 露出10秒で30枚ほど撮ったけど、一枚しか撮れなかった。
 というか、シャッターが上がった時に雷が落ちるので、この辺は、もう、技術的な問題じゃないなと。
 もっと簡単に撮るなら、ムービー回しっぱなしの方が賢かったのかも知れない。

 あと、今回の雲の中心は、撮影の出来ない北側だったと言うのも理由の一つだったりする。
 まぁ、負け惜しみだけど。


2017年8月21日月曜日

大阪呑み倒れ2/2





大阪呑み倒れ1/2

 飲み屋の写真はほぼないけど、名古屋基準で考えると、異常に安く呑める所ばかりを巡りました。あと、ビール工場とか醸造所とか。





2017年8月14日月曜日

コスサミ回想と言うとナンだけど

 着ぐるみ連れて、我が家から出撃して、地下鉄やバスで移動したというアレな経験をしました。

 写真を撮るなら7-8時までには外に出て、11時ぐらいまでで切り上げると、大体好きなポイントで写真が撮れます。
 ただ、色んな人とのエンカウントを望むなら、11時ぐらいから出て、日中歩いている方が可能性が高いですね。
 どっちがいいかは、人次第になるのですけど……

 あと、何につけても、ドニチエコきっぷは必須だなぁと。
 ドニチエコきっぷは、土日祝日限定の一日乗車券で、バスも地下鉄も乗れる上に、所々で割り引きやってると言う、名古屋観光するなら使わない手はないだろうって乗車券。
 地下鉄駅、バス運転手、コンビニ、チケットショップで、600円で購入出来る。

 地下鉄は一番短い区間でも200円だし、バスも210円だったりするので、最低三回乗ればペイ出来ると言う仕組みだ。
 そして、概ね、名古屋駅→栄→大須→名古屋駅ぐらいの移動は必ずするので(あとは食事や宿などの問題で、更に増えるだろう)買わない手はないきっぷなのであると。

 しかし、泣き言言うつもりはないですが、サポと撮影の両立は難しいところですね。と毎回ぐらいしみじみ思うモノ。
 スナップの100倍ぐらいシャッター切って、スナップほど満足出来た写真が割と僅かなので、ポトレは難しいなと。

 まぁ、写真の方はFlickrの方でも見て下さいませ。

2017年8月3日木曜日

Twitter映えとかインスタ映え

 Twitterだと、酒の画像とかメシの画像ばかりに、いいねが付いたりしますが、インスタは始めて一ヶ月半ぐらい経ちますが、キレイめの写真にいいねが付いたりします。
 ユーザーの棲み分けというか、求めるものの棲み分けみたいなモノがあるでしょうか。

 とは言え、インスタって、基本的に去年以前のストック画像をDropboxにしまっておいて、そこからピックアップしていくやり方でやってるんで、あんましフィルターは使ってないですねぇ。
 そう言えば、Flickrは着ぐるみ専用にしたけど、あんまし上げる写真ねぇなぁと。

2017年7月25日火曜日

auからmineoに移行

 そのまんまですが、なんか、色々あって、請求額が急増したので、転出を検討。というか、月末が迫っていたので、急いで転出。
 解約手数料の事なんて考える余裕すらねぇ。

詳細は後で述べるとして、ざっくりとした理想的流れ

①Amazonなんかで、エントリーパッケージを買う
②auのポイントの消化
③バックアップなど
④MNP予約番号を貰う
⑤窓口に行く
⑥プランを決める
⑦待機時間1.5時間
⑧SIMカードを貰う
⑨自宅で、SIMカードの挿入&各種設定
⑩その他の変更
⑪Walletクレジットカードの解約


○その前に、色々。

・auからMNPで選ぶとなると、ほぼマイネオ以外の選択肢がないので、迷う事がない。(他にもあるけど、窓口があって安いとなると必然的に……)
 あと、MNP予約番号貰うと、回線切られると思ってたけど、別にそんなことはなかったぜ。というか、15日間の有効期限が切れると、お話しはなかったことになる。


・一応、現行で使っている非SIMフリー端末での移行を前提としています。
 基本的にauはSIMフリー端末とか言っても、自分の端末が他で使えるってだけで、普通のSIMフリー端末買っても使えません。
 逆を言えば、SIMフリー端末がどうしても使いたいなら、au回線であるAプランではなく、ドコモ回線のDプランにすべきでしょう。
 今回は端末の変更はないので、Aプランで行きます。

 後日、SIMフリー端末(アップルストアで買ったiPhoneとか)が欲しくなったら、AプランからDプランへ変更すればいいだけですからね。

※なお、解約手数料は一年以内だと一万ナンボ取られますが、AプランからDプランへの移動は、SIMカードの変更手続きとなるので、そちらでの手数料(二、三千円)が掛かるだけである。


・友達紹介キャンペーンは、窓口で手続きする時、キャンペーンのURLではなく、紹介してくれた人の契約番号or電話番号が必要になります。これはちょっと注意が必要。




①Amazonなんかで、エントリーパッケージを買う
 エントリーパッケージ(ネットでなんかで申し込む時の手数料)は、窓口で行う時にでも必要で、余所で買ったのも使える。
 Amazonなんかで買うと、909円なので割とお得。
 初めてのこと&時間的余裕がなかったので、窓口で直接買いました。(2160円。こんなにスムーズに行くなら、Amazonで買って、届いてから行ってもよかった)




②auのポイントの消化

 auのポイントは、新しい契約をした瞬間に消えますので、先に消化する必要があります。

 やり方としては、「au Walletプリペイドに、ポイントからチャージ」→「そのカードで、Amazonギフト券を購入」となります。
 15円以上なら、1円単位で購入可能。プリペイドの残高を綺麗さっぱりゼロにできるのだ。

・au Walletクレジットで引き落としのある口座の確認。
 解約するとアクセス出来なくなるので。




③バックアップなど

・iCloudへのバックアップ
 念のためにバックアップを走らせておくことと、webからiCloudへアクセスして、ちゃんとバックアップ出来ているか確認。何故か失敗してしまうことがあるようだ。
 また、どういう訳か、連絡先だけはどうやってもバックアップされないので、ローカルに落としておく。

・キャリアメールを保存
 全部のメールの転送とかアレだが、僕は絶対に消せないメールが少ないので、全部他のメアドに転送。

・キャリアメールで登録したサービスの確認
 ぱっと思いつかないかも知れないけど、過去のメールなどをざっと確認した方がいい。




④MNP予約番号を貰う

・0077-75470(9:00-20:00:無料)に電話すると、さほどしつこい引き留めもなく10桁の番号がもらえる。
 一応、メモはとったほうがいいっぽいが、後で、SMSが飛んで来て、予約番号と有効期限が来るし、後の手続きは、それを見ながらやった方が確実である。
 なお、途中で気が変われば、これをこのまま放置しておけば、元通りである。




⑤窓口に行く

 即日発行してくれるのでありがたい。
 名古屋なら大須と、ヨドバシカメラに窓口ありますねぇ。
 持っていくのは、身分証明書とクレジットカード、エントリーパッケージ(or 2160円)、スマホぐらいでしょう。




⑥プランを決める

 最初に書いたようにAプランにしました。
 で、あとは通信量の問題だけど、使わなかった通信量は、来月への繰り越しが出来るそうです。
 たまーに3GB越えるって感じの通信量なんで、3GBでちょうどいいのかなって所です。
※パケットチャージは100MB162円なので、(差額から計算して)400MBまでは6GBに契約変更しなくてもよいでしょう。

 電話の方のプランは、特に電話を掛けないなら、オプションはいらないと思います。
 あと、楽天でんわを使うと、お得ですしね。
※通常は、30秒につき20円ですけど、楽天でんわ経由にすると、30秒につき10円になりますし、基本使用料はゼロですからね。

 あと、忘れちゃいけないのは、SMSの送信がMAX32.4円掛かると言う事。たまーに使うことあるから、ちょっと怖いなぁと。

 あとは、紹介キャンペーンで、紹介者の番号を入れるとか、契約の説明だとか、身分証明書のコピーとか、クレジットカードの番号入力、その他個人情報の入力を行う。




⑦待機時間1.5時間

 通信が切れたらいけばいいと思ってたけど、案外最後まで通信出来ました。
 指定された時間になったら、普通に窓口に行けばいいですよ。




⑧SIMカードを貰う

 一応、軽くだけ説明してくれるけど、設定などは自分でやる事になっている。(有料でやってくれるっぽいけど)
 ヨドバシなんかだと、無料Wi-Fi飛んでるけど、まぁ、細かいパーツが飛んでいくと難儀なので、家に帰って設定とかそういうのをしておこう。



⑨自宅で、SIMカードの挿入&各種設定

 基本は解説冊子「ご利用ガイド」を読めば分かる。

・電源を落として、SIMカードを放り込む。
・電源を立ち上げて、全てのプロファイルを削除する(設定→一般→プロファイル)
※Eye-Fiなんかのプロファイルが残っていると、何度やっても圏外だぞ。
・冊子に書いてあるQRコード読み込んで、プロファイルをインストールする。

・マイネオのページにログインする(窓口で設定したユーザー名とパスワードを使う)
・メールの初期アドレスをメモっておく
・メールアドレスの変更

・iPhoneの「設定→メール→アカウントの追加→その他」から新しいメールアカウントを設定する。詳細は冊子に書いてある。

・一番最初のメールに、「メール容量の変更が無料で出来るよ」ってお知らせがあるので、それを行う。
・具体的には、マイネオのページにログインして、「ご契約サービス変更」→「お申し込みオプション」→「メールボックスの容量追加」を申し込めばOKである。




⑩その他の変更

 キャリアメールを登録していた所に、新しいメールアドレスを登録し直す。あと、友達などへの通知も必要ね。

 一応、バックアップ取っておけって言ったけど、特に問題なければ、iCloudなどからデータを引っ張る必要はない。
(けれど、うまく行かないと、端末のリセットが必要になるかも知れないので、バックアップは必要)



⑪Walletクレジットカードの解約

 転出してもWalletカードを解約しないと、年会費1250円が落とされる。(プリペイドの方は特に何もない)
※いつ年会費が発生するかは、auに問い合わせないと分からない。恐らく、最初の契約月辺り。

・au Walletクレジットで引き落としのある口座の変更。
 公共料金なんかは、書面での変更が必要な事もある。(中電はインターネットで出来るが、東邦ガスは書面を送って貰ってからの変更)

・他にクレジットカードがないなら、新しいカードを作っておく。
 逆を言えば、新しいカードが作れないようなら、下手に解約せず、年会費を我慢しておくしかない。

・解約/問い合わせの窓口→0120-994-388……9:00~20:00(年中無休)
 電話で番号入力していくと、あっさり解約出来る。




○雑感

 午前中に予定があったり、予期せぬトラブルがあったりして、一日で全部終わらなかったけど、順調に進めば、全部一日で方が付くと思います。
 思いの外簡単に済みましたね。

 あと、心配していた真っ昼間の通信速度ですが、まぁ、遅いな……
 とは言え、普通にTwitterやってたりする分には問題ない。(ブログとかその辺は、多少やきもきするが)

 その他、特に何か面倒事があるかと言うと、いまのとこ思い当たる所は特にない。
 テザリングが不可能になったけど、自分一人でいる限りに於いて使わないしなぁと。
(どうしても必要になったら、基本使用料ゼロ円のSIMでも買うよ)

 勿論、格安SIMなので、手厚いサポートとかそういうのを期待する場面では、困る事が起こるかも知れないが、その分を含めての値段なので、何かあれば、追って報告したいかなと。

2017年7月22日土曜日

プラネタリウム

 もう、何度目か分かりませんけど、朝一入場、放電ラボからのプラネタリウムは鉄板でして、今度は、もっと時間取って色々回りたいですね。
 寝不足の人はよく眠れるし、黒い話にまみれた人は、浄化されます!(何言ってるんだ?