2013年1月5日土曜日

内蔵ストロボ用デフューザーの自作

 昨日、TwitterやG+で報告した、内蔵ストロボ用デフューザーの件です。
 結果を言うと、デフューザーと言うよりも、バウンサーと言う方が正しそうなモノになりましたが……

 今回使用したのは綿棒の容器。
 大きさは、φ85mm H.80mmのものを使いました。(300本入りがこのサイズ)


 で、図に描いたとおりに凹字状に切り込みを入れまして、真ん中の飛び出た部分がホットシューに刺さるようにします。

 左が15+15+18+15mmで、右が65mmなのは、単に真っ直ぐ切れてなかったと言うだけです。±2mm程度の誤差では問題ないって理解でお願いします(汗

 完成図が以下の通り。




 このままでは、殆ど効果がないので、200x77mmに切ったトレーシングペーパーを貼り付けました。

 先ずは、デフューザーなし=露出(発光)補正なし


 次に、デフューザー+トレペ=露出(発光)補正+2.0

 う~ん。気持ち改善したかな? いや、あんまし変わってねぇなぁ。

 ってことで、70x77mmに切ったアルミホイルを中に突っ込んで、バウンスさせることにしました。
(追記:アルミホイルは、下半分を覆うように貼り付けました)
(撮影距離が変わってしまったのは、確認せずに写真撮ったせいで、他意はありません)

 デフューザー+アルミ=露出(発光)補正+1.3

 やっぱり、バウンスさせるのが一番だな!

 調子に乗って、もう一つ行きます。
 さっきのは縦向きだったので、光は左手の壁に当たりました。この例では、天井にバウンスさせて撮りました。

 先ずは、内蔵ストロボをストレートにぶつけた場合。


 次に、バウンスさせた場合。


 良い感じに光が回り込んでくれていますね。髪が柔らかく写るようになりました。
 いやまぁ、普通に三千円ぐらい出して、デフューザー買えよって話ですが、今回は、材料費はほぼ無料。
 レンズに十万使えても、三千円とか五千円とかそのぐらいのアイテムってなんか、微妙に惜しいよねって事で。



※なお、この改造を参考にして、カメラ並びに周辺機器に不具合が生じたとしても、何人も責任を問われないものとします。