2013年1月11日金曜日

新奇な被写体

 貴方はブログをやっていたとしよう。主に自分の写真を人に見せるためのブログだ。
 あるとき偶然、何かのキャラクターを写真に収めたとしよう。
 それがどういう具合か、その手のファンからのアクセスを多く集め、お褒めの言葉を沢山頂いたとする。
 それに気をよくして、貴方は、そのキャラクター或いは、同種の写真をもっと多く撮る事を第一に考えるようになる。同類の方々からのアクセスは、貴方の期待に応え伸びたとしよう。

 そこで、はたと考える。果たして、彼等は私の写真を見て悦んでいるのだろうか? と。
 はっきり言おう。それはない。彼等はそのキャラクターの写真が欲しいだけで、ある一定のクォリティさえ確保していれば、誰がどんなカメラで撮ろうと知った事ではない。
 貴方が渾身の力を入れて撮った風景写真より、適当な気持ちで撮ったキャラクターの方が、人々のウケがいいのは明白だ――そのジャンルが盛り上がっている間は。



 変わっている、珍しいと言うだけで、シャッターを切るのは二つと半分の意味で危険だ。

 第一に、その写真を見た人は、何を見るだろうか? 写真ではなく、被写体を見る。
 つまり、それは貴方以外の誰かが撮った写真でも問題ないはずだ。もっと言えば、貴方よりも写真の腕の立つ人がいるなら、わざわざ貴方が撮る必要もないと言う事だ。

 第二の理由は、それでも貴方が"変わっているモノ"の写真を撮りたいと言う動機に関わる。
 それは、「私はそれを見た、体験した」と言う主張の為の写真になる。そうなると、写ってさえいればよく、写真そのものについて、何一つ顧慮せずにシャッターを切る事になる。
 いや、日常、色々な場面で撮影する事もある。記録のため、友達に自慢する為、近況報告の為、様々な事情で、そのような写真を撮る事は、デジカメ全盛のこの時代、誰も咎める事ではない。
 だがしかし、そうして撮った写真を、「作品」と呼んでしまうのは、(アウトサイダーアート的な理念を持つならいざ知らず、)いささか感性を疑う。
 「変わったモノを見かけた」事に対して、"真の写真を撮りたがっている人"が抱くべき事は、「私は(かつて)被写体を目の前にした」と言う感慨ではない。

 最後の二十パーセントの意味だが、これこそが危険のエッセンスであり、あらゆる創作、表現に通ずる隘路である。
 それは、珍しさや目新しさが目的になってしまう事である。
 何かを作るとき、「何故それを作るのか?」には、何らかの思想や、動機、目的があるはずである。
 "人にそれがウケた"事に気をよくして、ウケばかりを狙うと、目的を見失う。

 いや、人を驚かせるのが目的だと言う人もいる。しかし、純粋に人を驚かせて云々と言うなら、ストリーキングでもやればいいのだ。それを選ばず、何らかの方法を選んだ時(勿論、無数の選択肢の中で全裸になる事を選ぶ時もだが)、それが他より優れているなどと考えた理由があるはずである。
 その理由を早々に手放してしまうと(あった事さえ意識しないと)、驚きが目的化してしまう。そして、遂には手段を選ばなくなる。
 そうしたとき、犯罪的な行為か、低俗化か、さもなくばマンネリ化により、人々の支持を失う事になる。

 マンネリとは、様式化の事である。
 人々の支持を失うマンネリと、様式化した芸術と何が違うかと言えば、それは思想の有無となる。

 ここで言う思想とは、一部のポストモダニストどものよく使う、難しい言葉を使い、口舌を尽くして、どうにかこうにか自尊心を維持しようという"テクスト"ではない。
 それが言葉に出来るから偉い、出来ないから粗野であると言う比較は惨めだ。
 素晴らしいものは、当人が語らなくても、それを見た頭のいい人、本当の意味で頭のいい人が、胸に落ちる言葉を見つけ出してくれる。