2014年5月29日木曜日

ロモグラフィー、チェキフィルムが使えるインスタントカメラを発売へ

ロモグラフィー、チェキフィルムが使えるインスタントカメラを発売へ

 最近、チェキ界隈が良い意味で騒がしい。
 ネオクラシック仕様に始まり、スマホdeチェキが出て、割とFUJIFILMも本気なんだなと。
 そう言う意味で、量質価格と共に優れたチェキは、案外売り込めるんじゃないかと思いつつある。

 競争相手らしい競争相手はいないし、こちらはあくまで印刷した紙ではなくて、写真であるというのがよい。
 まぁ、本質としてどちらが本当の写真か? なんて議論は不毛だが、しかし、それでもフィルム写真を始めてみようという人にとっては悪くない選択肢だ。
 だって、いきなり36枚撮れって話にはならないし、その場で結果が分かるんだしね。

 なお、ロモグラフィーは既に、「LOMO LC-A INSTANT BACK+」と言う、Lomo LC-A+でチェキを使えるようにするキットや、Diana+用の「Diana Instant Back+」なんかを発売している。
 つまり、チェキのカメラは初めてではないと言う事。だから、使い勝手にも期待が出来るんじゃないかな?

 いやぁ、そんなに沢山のユーザーを取り込める訳ではないだろうけど、楽しい分野になってきたなぁと。