2014年5月14日水曜日

フィルムは死ぬのか?

 コダックのフィルム値上げの話なんて聞くと、みんな悲観的で、まぁ、そうだろうなぁと言うのは確かに。
 しかし、フィルム業界自体が縮小して、プレイヤーが減れば減ったで、中小が生きていく道も拓けるので、最終的には、金持ちの道楽になりそうではある。

 最終的には、IMPOSSIBLE Projectみたいな感じになるのかね。
 110が一応、復活したとか、ベスト判で撮ってる人がいるとか、ミノックスが時々販売されるとか、値段のことを考えなければ、継続的に供給されるよ。

 問題は、現像を受け付けてくれるお店が減りそうだというお話か。これも、自家現像で切り抜けろって事か?
 大判に逃げてしまうという手もある。ガラス乾板でもいいし、銀板写真でもいい。
 って、やっぱり、金持ちの趣味か?