2017年4月9日日曜日

クソカメコ機材調達

 やっすいストロボブラケット買いました。あの、コスプレイベントなんかで、意識の高い系カメコが持ってる、ストロボをカメラの横に持ってくる道具です。これで、カメコ戦闘力が+3ぐらいされるって奴ですね。

 冗談はさておき、一応、アレにも意味があって、「クリップオンのストロボをそのまま使って縦構図で撮ると出て来るダサイ影」を消す程度の能力があるようでして、それを試してみようと言う話。
 なお、ブラケット自体は、怪しい中国製が千円ちょっと、ケーブルもTTL信号もちゃんと伝達してくれる奴が二千円弱と言う感じで、ざっくり三千円で揃います。
 ガチモン&純正ケーブルだと一万円を軽く超えますけどねぇ。



 ってことで、普通にストロボ使った場合はこんなん。まぁ、気にしないっちゃぁ気にしないけど、気にする人は気にするようで……と言うか、ここまで壁に近い状況って、あんまし撮らない気がするのだけど。



 ついでに、自作ディフューザーならどんだけ影を抑えられるかっていうとこんな感じ。
 直射に比べると柔らかくていいよね?



 でまぁ、ブラケット使うと、このようになります。
 見事に、影が背後に消えていてよい感じです。まぁ、それでも直射のどぎつさの方が気になりますけどね(汗

 なお、ストロボの位置が左手側になりますので、そちらを上にして撮影しているので、いつもと逆の構えになって、なんかじれったいです。持ち方も変になってしまうし、ホールド感が弱い……



 なお、いつもの持ち方でやると、こんな風になる。ダメじゃん……



 縦構図の話ばかりだったので、横構図の話も。こちらは、通常のクリップオン載っけただけの状態。



 で、こっちが、ブラケットありで撮った場合。
 当然のように出て来るね……
 もう少し、ストロボとレンズの位置を近づけると、この影も小さくなるのは分かっているので、セッティング次第なんですけどね。
 安物ブラケットは、そこまで自由度がないので、ちょっと苦労するかも。
 まぁ、ぶっちゃけ、そこまで気にするようなモノか? ってのが一番先にあるんですけどね。

 それじゃぁ、一式は無駄になるかというと、そうでもなく、ラジオスレーブとクリップオンを共存させるとか、そんな時に使おうかなと考えています。その辺の計画についてはおいおい。