2015年5月11日月曜日

キヤノン、「50mm F1.8」を25年ぶりにリニューアル

キヤノン、「50mm F1.8」を25年ぶりにリニューアル~STMや金属マウント採用 コーティングも新しく(デジカメWatch)

 まー、EF50mm F1.8 IIみたいなレンズが九千円(定価は一万二千円)で買えるって事が異常なんだからね!
(気をつけて使わないとクソだとか言う人もいるが、それは他の格安レンズでも同じだ)

 と言うかね、旧作が出たのはフィルム時代でエントリー機種でも35mmフィルムだったわけです。となると、エントリー用のレンズを用意しなくちゃねって事で、エントリー向けに出したレンズのイメージサークルもフルサイズになる訳なのです。
 でまぁ、今の時代、フルサイズ使いたがる人が、九千ナンボのレンズで(物欲が)満足する筈がなくて、二万円弱(実売はもっと安くなるのだろうが)になるのは仕方がない。

 勿論、APS-Cで75mmと言う画角は、ポートレートによい画角だから、撒き餌レンズとしての値付けは慎重だったんじゃないかなぁと思います。
 EF-S24mm F2.8 STMだって、二万円しないしなぁ。

 それに比べて、ニコンは50mmF1.8だろうと、35mmF1.8だろうと二万円平気で越えてくるからな。
 沼が怖いと思っている人は、迷わずキヤノンを選ぶんだぞ!(