2015年4月21日火曜日

中一光学はどうなの?



 コレなんですが、中一光学ってどーなんでしょう?
 中二光学とか言って、アホな名前付けた、トンデモレンズだったら買っていたかも知れない……

 中二病かどうかは兎も角、ちょこちょこお値打ちなレンズも合って、遊びついでに買いそうな気もするが、ちょこっと遊ぶ程度にはそこそこの金額とも言えるから、悩みどころではある。
 かといって、主力使い出来るかと言うと、何とも言いにくい。

 韓国のサムヤンに次いで、中国のレンズと来るから、ブランド力もない(写りが酷くてもレンズに歴史があれば、酒のつまみにはなる)から、買うにはそれなりの覚悟が必要かも。


 前にも何処かで書いたかも知れないが、二万円以上、五万円以下のレンズは、ガチな人にはハンパモンに見えるし、ビギナーには高く見える。
 ビギナーが買うにしても、マニュアルレンズってのは、なかなか踏み越えがたい壁に思えるわけで、その辺をどう見るかだなぁ。

 以下に、「中一光学」のキーワード、或いは日本の正規代理店である焦点工房のリンクから見つかったレンズ一覧を出す。全てが中一光学ではないが、そんなもんだと思っている。
 なお、価格は2015/4/21時点でのAmazonで、一番安いものを選んだ。

名称焦点
距離
(mm)
開放
F値
マウントフォーマット価格
(円)
備考
Mitakon 35mm f/0.95350.95EFull175,000(黒・銀)
Mitakon 35mm f/0.95350.95M4/3M4/3191,131(黒・銀)
Mitakon 35mm f/0.95350.95XAPS-C191,131(黒・銀)
ZHONG YI OPTICS
  SPEEDMASTER 35mm F0.95
350.95EAPS-C75,800(黒・銀)
ZHONG YI OPTICS
  SPEEDMASTER 35mm F0.95
350.95M4/3M4/372,800LIMITED(銀色)
  は75800円
ZHONG YI OPTICS
  SPEEDMASTER 35mm F0.95
350.95XAPS-C75,800(黒・銀)
ZHONG YI OPTICS
  REATOR 35mm F2.0
352.0EFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 35mm F2.0
352.0KFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 35mm F2.0
352.0EFFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 35mm F2.0
352.0FFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
Zhongyi Mitakon 85mm F2.0852.0F19,000(黒・銀)
Zhongyi Mitakon 85mm F2.0852.0EF19,000(黒・銀)
Zhongyi Mitakon 85mm F2.0852.0K19,000(黒・銀)
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 85mm F2.0
852.0AFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 85mm F2.0
852.0KFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 85mm F2.0
852.0EFFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
ZHONG YI OPTICS
  CREATOR 85mm F2.0
852.0FFull19,800LIMITED(銀色)
  は21800円
HandeVision
  IBELUX 40mm F/0.85
400.85EF-MAPS-C225,000
HandeVision
  IBELUX 40mm F/0.85
400.85EAPS-C225,000
HandeVision
  IBELUX 40mm F/0.85
400.85M4/3M4/3225,000
ZHONG YI OPTICS
  SPEEDMASTER 50mm F0.95
500.95EFull98,000
Zhongyi Mitakon 135mm F2.81352.8K17,499
Zhongyi Mitakon 135mm F2.81352.8EF17,499

 F2.0クラスの低価格帯と、F0.95クラスの高価格帯があって、商売としては、後者の方が美味いんだろうなぁと。

 で、作例見ている限り(と上から目線で言うけれど、作例が多いのは正直嬉しい)、二十万近く出すほどのボケ味なのかしらと思えてしまう。(程度はそれぞれだが、像が流れていたり、二線ボケになっていたり)
 これ言っちゃうと怒られるかも知れんけど、マイクロフォーサーズに限っては、NOKTONの方が安いし、写りもいいでしょう?

 一方、F2.0クラスの低価格帯の方だけど、値段がコレなんだから、何にも文句は言えないでしょう? ぐらいには写っているように見える。
 勿論、ボケはむっちゃ汚いが、(それを含めた意味で)トイレンズと考えると破格の写りと思う。それに、ボケを得るような写真じゃなければ、割と解像してるっぽいので、スナップ用には使えるように思える。

 但し、もう一度似たような事を言うが、(同じような焦点距離のレンズを持っている限り、)旅のお供としてカメラバッグに入れる優先度は減るし、短焦点一本と決めた時の第一候補からは外れるに違いない。
 そう言う意味で、買うかどうか悩むレンズではある。

 銀色のレンズもあるから、Dfのシルバー持ってる人は、それだけの為に買うという手もあるか……

 レンズの選択肢の狭いEマウントやKマウント、EF-Mマウントにしても、マウントアダプター+中古マニュアルレンズって選択肢と競争することになる訳だし、難しいところである。