2015年3月3日火曜日

D7200は、正直どうなのよ

 D7200がようやく出たって言っても、7D2と対抗するレベルじゃないんで、微妙な塩梅だなぁと。
 本当に欲しかったのはD350的なカメラだったんだよ。
 とは言え、システムを小さくできるAPS-Cで、フルサイズに対抗するような性能と画質をやろうというのも、戦略として正しいかどうかと言われると何とも。
 APS-C推しだったニコンが、フルサイズ推しになっているというのは、何とも言えない皮肉かなぁ。

 D7200は、7D2よりも70Dに対応しているんだけど、70Dもそろそろ新しくなる頃だし、そもそもバリアングルモニターもタッチパネルも付いていない時点で、微妙に負けてますなぁ。
 いやまぁ、細かい機能とかあれこれ考えると、D7100より格段に進歩していると言えばその通りなのですが、みんな表面的なスペックしか見ないし、その点では残念だなぁ。

 勿論、バリアングルモニターやタッチパネルは、耐久性とか操作の確実性を要する場面では不利になるんですよ。そう言う意味で、ワザと載せなかったのだろうとは思うのですが、そう言う層を取り入れるつもりなら、D300Sの後継機になるような機種を作るべきだったし、やっぱし中途半端さが否めない。


※追記
 それからこれから、一度公開してからあれこれ考えたけど、一番変化したところは、D810から見直される事になったピクチャーコントロールにあるのかなと推測しています。(これは、二つ並べてみないことには分からない事ですが……)
 そう言う意味で、撮って出しの絵作りは、以前よりかなり変わっていそうな気がしますね。

 AFスピードや精度は上がっているんだろうけど、こう言うのスペック表には載らないからなぁ。

 分かりやすい変更点がないから、やっぱり、ウリがないのがキツいね。