2013年9月5日木曜日

QX10とQX100の事だけど

 先日散々こき下ろしたけど、色々話を聞く限りでは、Wi-Fiで動かせる小型カメラと言う点で面白いのかも。
 とは言え、三脚に載っけて、リモコンで撮影って用途、ニコ生か野生動物撮影(似たようなものだけどさ)ぐらいしかあんまし思いつかない。あとは、Webカメラかなぁ。
 三軸をリモートコントロールできる雲台とか出てきたら、それはそれで萌えるのだけど、しかし、いやはや。
 Wi-Fiカメラ自体は、世の中に既にあるからなぁ。


 やっぱし、コンシューマ向けの用途が思いつかんよ。
 先のような明確な用途があって買うという人以外は、以下の条件が必要になる。

①スマホカメラよりもコンデジの画質が欲しい。
②コンデジを別に持ち歩くのは苦になるけど、レンズ一本ぐらいなら何とかなる。


 やっぱし、コンシューマ向けなんて狙ってないのかな?
 QX100のスペック見ると、ワイド端でF1.8、センサーサイズは1型となかなかデカイ。
 その辺を考えると、ミラーレスに手が届く画質が欲しいけど、ミラーレスはいらん。と言う人向けなのかな?

 その辺を絞り込んでいくと、単焦点レンズの……なんて、ヲタクが言い出しそうなラインナップが増えていきそうな予感もする。
 いやまぁ、分からん。この辺の戦略。

 コンデジからWi-Fiでスマホに飛ばして投稿するのと手間がそんなに違うとは思えんし、やっぱし、持ちやすさの問題が出てきそうな気もするしなぁ。


 結局、何が言いたいかって言うと、画質なんてスマホで十分って人をどれぐらい引っ張れるかってとかなぁ。
 画質厨は何言っても聞いてくれないし。