2013年7月26日金曜日

一枚で分かる写真シリーズ⑥露出補正と明るさの関係



 AE(自動露出)に頼った撮影をした場合、カメラが丁度いいと判断した明るさの写真を撮る事になります。
 しかし、撮影意図によって、少し暗く撮りたいとき、または少し明るく撮りたいときがあります。
 そんなときに使うのが露出補正ボタンです。

 暗い写真の事をローキー、明るい写真の事をハイキーと言います。
 ローキーは、重厚感やコントラストを強く出したいときに、ハイキーは軽くポップな感じにしたいときに使います。