2014年12月15日月曜日

マジテのないディフューザーを作ろう!

 クリップオンストロボに、キャップ状に取り付けるタイプのディフューザーは、実際、イマイチな効果しかありません。(とは言え、SB-910には標準装備だから、無駄じゃないんだろうけど)
 それに、市販品は、高い上に嵩高いので、持ち運びに不便です。
 そうなってくると、やっぱし、自分で作らなくちゃいけなくなるのだ。

狙い


マジテでは色々な不都合があるので、ゴムバンドで止められるディフューザーを作りたい。
②大型のクリップオンストロボでも、有効なものを作りたい。
③携行性を高くするために、なるべく平らに作りたい。
④安く作りたい。


用意するもの


・A4のOHPフィルム(コシがあって透明でA4サイズであれば何でもいいけど)
・A4コピー用紙(そんなに厚手じゃないもの)
・アルミ箔(10x11cm)
・幅5mmのゴムひも(幅はどうでもいいですが、スリットの大きさを適宜調整してください)
・接着剤(Gボンドクリア、両面テープでもいい)
・ペン
・φ2mmポンチ、金槌(最悪なくてもよい)
・カッターナイフ、カッター台
・ゴム通し


作り方


①OHPフィルムの上下(短辺)に接着剤を塗って、コピー用紙を貼り付けます。

②アルミ箔を貼り付ける位置を、紙側にケガキます。
 同時に、ゴムひもを通すスリット(計四箇所)のケガキもします。
 スリットの間隔は、ストロボの幅とフィルムの幅に合わせて決めてください。

送信者 他いろいろ


※アルミ箔を貼り付ける位置
 下端から5cm、左右から5cm(10cmが縦になる方向)

※スリットの位置
 上下の端から、1.5cm、長さ0.5cm
 二つの間隔はストロボの幅に合わせて、真ん中の位置になるように配置します。

③カッターナイフでスリットの切込みを入れます。
 ポンチを使って、切込みの両端に穴をあけます。(計八箇所)

※ポンチは耐久性アップの為に開けるので、なくても目的機能には影響ありません。

④ケガキ通りにアルミ箔を貼ります。
 アルミ箔は、紙側に貼り付けてください。紙側が内側になります。

⑤上下のスリットにそれぞれゴムひもを通します。
 ゴム通しの先っぽをスリットに突っ込めば、簡単に通すことができます。
 ゴムひもの長さは、ストロボに合わせてください。

送信者 他いろいろ


材料費


 OHPシートが、十枚で千円ソコソコ。
 A4のコピー用紙は安いので充分。
 アルミホイルもちょこっとしか使わないし、ゴムもそんなに使わない、特別なのはせいぜいポンチぐらいだけど、ネットで三百円、ハンズでも五百円程度かなぁ。
 それ以外は、道具も何も全部百均で手に入る。
 イニシャルコストで言えば、二千円近いけど、材料費自体は百円ちょっとだ。

結果


 最初B5トレペで作ったけど、効果はほぼなかったので、こちらで作りました。
 光量は、一応減りますので、ご注意を……(まぁ、距離あるところでバウンスするよりかはマシだけど)
 A4の大きさなので、クリアファイルに挟めば、綺麗に持ち運び出来るはず。

送信者 ドール~室内
↑ディフューザーあり



↑ディフューザーなし(直当て)


↑ディフューザーあり


↑ディフューザーなし(直当て)

 微妙っちゃぁ、微妙な違いだなぁ。

 その理由は、ウチの部屋が狭いってだけかもしれない。
 黙っていても、壁とか天井とかでバウンスされるので、直当てしても、いくらかは光が回り込んでくれる。
 大きな部屋や屋外で撮影したときは、必ずしやその効果があるはず!<と思いたい