2014年12月11日木曜日

しつこくデジカメデザイン与太

可愛さ基準で選ぶカメラ #とは……

 LUMIX GMか、Q-S1辺りしかないんじゃない? と思っていて、何の気なしに、Q-S1をググったら、「PENTAX K-S1 Sweets Collection」なんてものが出てきた。
 やればできるじゃない!

 いやいや、ペンタックスは、K-mの頃から、カラバリ充実するって事に偏重してきた会社だけど、こう、イマイチガッツリ心を捉えるのがなかったんだよね。
 まぁ、黄色と黒にして、工事現場阪神カラーにするとかそう言う人もいたのかも……実際、中古屋で見た。


 とは言え、「可愛い」を女性が求めていると思ったら大間違いだぞ!
 アレです、"ダサピンク"って奴ですね。「取り敢えず、女性用はピンクだな」ってアレです。
 まぁ、それを差し引いても、"Sweets Collection"のデザインは悪くないとは思うけど。

 とは言え、最近のミラーレスのデザインって、「ネオクラシック」か「如何にもミラーレスっぽい」デザインのどちらかになっている気がしますね。
 もっと、自由なデザインでカメラが作られればなぁと思う所ではあるのですが……


 なんか、ここからは、普通に、ニコワンdisになりそうな感じ。
 だから、Dfの話。


当初、「Dfは狙いすぎてて嫌だわ」とか思ってたけど、シャッターフィーリングの良さで態度を変えた私ですけど、要するに、デザインってそういう部分を含めて設計されるものなんだなぁと。
 スペックも、表向きよろしくないが、しかし、実際、あれぐらいの画素数で何の問題があるのかという事や、動画機能をあっさり捨てちゃった所とか、そういうのも、ターゲットをしっかり絞って、考え抜かれたんだなぁと。

 とか、すんげぇ、褒めていたけど、カメラ屋に行くと、指がよく触れる部分(グリップの向かいの所)の塗装が剥げていたのに、少しだけ引いた。
 いや、そりゃぁ、塗装ぐらい剥げるわけだけど、なんかこう、すんげぇ安っぽいプラ的な感じが見えて、プリキュアの着ぐるみを脱ぐ、小柄なオッサンを見たような感じでした。

(プリキュアのショーって、基本的に中身は女の子だったりするんだけど、いっぺん、実にオッサン臭い演技の人を見てなぁ……)

 真鍮の鋳物で作れって言うわけじゃないけど、ある程度小さいなら、重量のことは気にしなくてもいいんじゃないかしら?
 だって、ガラケーの時代、たった半グラム軽くする為に心血を注いだケータイに、女子高生はジャラジャラと大柄で大量のストラップ付けてたじゃない。
 多分、カメラも、そこまで重量の事考えなくてもいいんじゃないかしら。

 何が言いたいかって言うと、こう、デザインに色んな縛りを課して、だんだんつまらんモンばっかり作っているような気がする。
 ダサピンクを嗤う口で、「○○向けには」と言うのも、考え物だよ。