2014年8月30日土曜日

玄人好みかしら?

 今更だけど、DfとD610を比較してみた。

DfD610
有効画素数(万画素)16252426
動画-1080-30p
シャッタースピード1/4000 ~ 30秒、Bulb、Time
連続撮影5.56
静音連続撮影-3
撮影モードPSAMのみ多数のモードあり
ISO感度50-20480050-25600
アクティブD-ライティング6種類5種類
フォーカスポイント
39点
中央33点での
フォーカスエイド可能な開放F値
7.16.8
ファインダー視野率
100%
ファインダー倍率
0.7倍
内蔵ストロボなしあり(G.N.12)
シンクロターミナルありなし
モニタ3.2型TFT、VGA
電池寿命1400コマ900コマ
記録媒体SDXCSDXC
(ダブルスロット)
寸法(幅×高さ×奥行き)143.5×110×66.5mm141×113×82mm
質量(含バッテリー等)765g850g
縦グリ-MB-D14(別売)
アクセサリーターミナル
あり
10pinターミナル
なし
赤外線リモコン非対応ML-L3(別売)

 スペック値として、大きく目立つのは画素数、あとISO感度ですか。
 ISO感度は、拡張領域がD610二段階までと、Dfの四段階までとの違いなので、事実上一段階しか違いはないのですけどね。

 で、価格は、D610が約14万円、Dfが約22万円(どちらも価格コムより)って辺りだから、スペック値と価格を勘案すれば、D610を選ぶしかないだろjk

Dfは、解像度は必要ないし、内蔵ストロボは使わない、縦グリも動画もいらない人向けという感じか。
 D610に比べて100グラムも軽いし、ボディもほっそりしている。
 何より、見た目がアレなので、例の"ネオクラシックデザイン"ってのに琴線を刺激された人々が買うのかしらと。
 確かに、シャッター音は、ニコン内のデジカメで比べても群を抜いてよろしいですね。

 いやもう、こういうカメラって、やっぱり、見せる為のカメラなんで、「値段が高い方が良い」と言う部分もありやなしや。


 価格云々は冗談としても、カメラは本人が持ち歩きたいと思わせた方を買うべきだと思っているので、この考え方はまんざら浅薄とは思えない。
 これは、ニコンに限った現象じゃなくて、オリンパスのO-MDとペンシリーズとを比較しても分かるだろう。

 一方、ソニーは現実的に、ステ振りの異なるα7を三つも出しているし、RX100もファインダーを内蔵するか否かと言う違いがあるけれど、デザインはほぼ同じだ。
 もっと極端な例で言えば、シグマのDP1MerrillからDP3までなんかは、レンズ焦点距離の違いをウリにして、フォビンセンサに魅入られた人に、三台も買わせようとしていたりする。

 どっちの方が、良いとか悪いとかって言うのはないけれど、どっちの考え方が、生き残っていくかは、少しばかり注意を払ってもいいだろう。


 因みに僕はD810を買いました(発言小町風