2014年8月13日水曜日

中古1万円以下デジタル一眼カメラを楽しむ同人誌第2弾 「弱点をアクセサリーで補う!」

中古1万円以下デジタル一眼カメラを楽しむ同人誌第2弾 「弱点をアクセサリーで補う!」

 ぶっちゃけ、インターネットで写真やり取りする分には、1000万画素でもオーバースペックだし、AFのスピードや連写性能は、動体撮影(野鳥、モータースポーツ、航空祭)するのでなければ、ぶっちゃけいらないのだ。
 アートフィルターの類は、家でレタッチ掛けるなり、Eye-Fi辺り買ってスマホに送って編集しても良いだろう。それも遊びの一つだ。

 ひとまず、一眼レフの操作に慣れて、その上、アクセサリーを増やしたところで、上位モデルに乗り継ぐって手もあるし、その辺は、妙なエントリーモデルを買うよりお得感はあるなぁ。

 何にしても、ボディで浮かした予算を、レンズやストロボに使うのは賛成!


 ただ……1万円台にまで落ちてくる頃には、イメージセンサーが死んでるんじゃないかなぁって気もしないわけでもないが、その辺はヤフオクとかじゃなくて、マトモな中古屋で買えば解決する問題かな?
 とは言え、クラシックデジカメって、どれぐらい需要があるのかなぁ。