2014年1月19日日曜日

「The Photography Flowchart」(GIGAZINE)

カメラのシャッターを押すまでに必要なあらゆる判断をまとめたフローチャート「The Photography Flowchart」(GIGAZINE)


 ってのを見た訳だけど、意識高いなぁと。
 昼飯NGはいいとして、夕飯はHDRで撮らなくちゃいけないとかがアレだし、その代わりフォトショでブラシアップするのはNGってのももっとわかんねぇってのはある。
 鮮やかなのNGって所から見ると、商業写真とか素材として優れた写真じゃなくて、作品としての写真を志向しているんだなってのが好感が持てる。

 笑うポイントとしてはウォーターマークだなぁ。確かにああ言うの付けた上で、「ケッタイな写真だなぁ」とか言われたら立ち直れそうもないもん(あ

 何はともあれ、「自分は凄い写真を撮っているんだ」って気概がないとどうにもならんね。って事も尤もなこと。

 でもなぁ、僕は、こういう風に妙に熱中できない人だから、深くは考えるけど、深くは思い込めないんだよなぁと。
 「#自分が割りと本気で撮った写真上げてく」なんてハッシュタグ見ると、やっぱ好きで撮ってないといけないなぁなんて部分もあったりなかったり。

 言い訳をするなら、あまり力の入った状態では、ストリートフォトなんて撮れないだろうって思い込みがある。
 写真を撮るためには、様々なことを考えなければならないし、露出を合わせ、構図を整え、ピントを合わせて、シャッターを切ると言う所作も自然に行わなくてはならない。
 力んでどうにかする時期をどうにか脱しなければならない時期が来ている。