2017年5月18日木曜日

安くカメラを始めるのに必要なお金

 カメラを買いました。
 と、言っても、自分用ではなく、家族用。
 詳細は伏せますが、まぁ、兎に角安くしたいと言うので、大体目星付けて、カメラ屋さんに。

 買ったのは中古のD3100と、これまた中古のTMRON 18-200mm F/3.5-6.3 DiII VC。合計で、三万五千円弱。
 バッテリー、バッテリーチャージャー、ストラップも付いていましたが、まぁ、バッテリーはへたれてるだろうし、ストラップぐらいは新しい物付けた方がいいし、ってんで、残る付属品は、SDカードとバッテリーとストラップ。
 バッテリーはコンパチのを手に入れて、SD(16GBもあれば充分)もストラップも安いのでええでしょうってなると、四万円ぐらいで全部揃う計算となります。

 ニコンを選んだのは、自分がサポートしやすいってだけの理由で、キヤノン選んでもよかったんですけどね。(というか、そっちの方がベターかも)
 ポトレの方がメインだって人は、これよりもシグマの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMの中古の方がいいでしょう。それと中華ストロボ使えば、一応、格好は付きます。
 それでも、五万円はいかないかなぁ。

 尤も、カメラ趣味やって金銭感覚が狂ってると言う意味での、五万円なので、常識的に考えると、まぁ、躊躇するお値段かなとも。
 ただ、どんな趣味でもスターターキットって、最悪でもそれぐらいするかなぁって気はしてます。まぁ、下を見れば、もう少しお安く(多分、3.5万円ぐらいで)仕上げられるのですけど……でもそこ行くぐらいなら、ハイエンドコンデジの中古の方が綺麗に撮れるかも(汗


 一応、家族のモノになる予定なので、お外へ行って撮るってのは、やめておきます。
 作例と、気になった事については、次のポスト以降で。