2015年11月24日火曜日

新たな自作ディフューザー

送信者 他いろいろ
前のが色々とボロくなってきたので、こんなの作りましたよと。



・材料
 A4コピー用紙1枚
 A4クリアファイル1枚
 アルミホイル1枚
 ゴム紐適量

・作り方
①A4用紙の下半分にアルミホイルを貼る(両面テープだろうとボンドだろうと何でもいい)
②クリアファイルに差し込む
③ストロボの幅に合わせた切り込みを入れる(切り込みの両端にポンチで穴開けると耐久力up)
④ゴム紐を通す

 で、撮影するとこんなモン。一枚目がストロボから直接、二枚目はディフューザー付き。
 撮影距離が近いからイマイチな感じだけど、ポトレとかなら、もうちょい効果が出てくれると思う。

・使い方
 二つ折りの状態で、二本の輪っかをストロボに通す。
 ストロボは真っ直ぐの状態で、アルミホイルの反対側の面が正面を向くようにして使う。

・利点
①マジックテープ使ってないので、デリケートな生地が手元にある状況でも安心して使える。
(一部の業界は特に)
②発光点がカメラからより離れるので、大きなレンズでもケラれにくい。
③構造が簡単なので、割と丈夫、ゴムがダメになっても簡単に変えられる。壊れても惜しくない。
④A4クリアファイルが収まるようなスペースがあればよいので、持ち運びが楽。
⑤軽いし、ぶつかっても怪我をするとかいう事が考えにくい。

送信者 ドール~室内