2015年10月17日土曜日

コンデジでドールを撮ってみるには

 コンデジだけを使って、ドールを撮る時、他の道具も何も使わないと、何処までやれるだろうか?  と言う事で、最初に完成品を出すとこちらに。

送信者 ドール~室内
因みにカメラはRX100です。  撮影環境は、普通の部屋の蛍光灯照明があるだけ。

  で、結論を言うと、マニュアル撮影しましょうって話なんだけど、先ず、その結論に至るまでの過程(と言うか、答えは最初から出ていたから、後追いでダメ写真を作ったわけだけど)を参照戴こうかと。



1枚目プログラムオート  ISO感度も、フラッシュも全部オートしにしてみるとこうなる。  結果は、1/30sec F1.8 ISO400と言う状態で、フラッシュの発光はなかった。  この結果は、シーン選択だろうと何だろうと、カメラ任せにするとこうなった。  う~ん、お顔が暗いですなぁ。



 2枚目もプログラムオートだけど今度はフラッシュ強制発光  結果は、1/30sec F1.8 ISO125となりました。
 顔は明るいが背景は暗い!

  と言う事で、以上の結論を踏まえますと、

①フラッシュの光は概ね顔を中心に明るくしてくれる。
②フラッシュの光の届かない所は、環境光で何とかなる。 

 この状況をまさにそのまま再現しようとすると、一枚目の撮影条件+フラッシュなんですよね。
 と言う訳で、マニュアルモードにして、1/30sec F1.8 ISO400に設定して、フラッシュ強制発光ってやると(先に出した)このような写真が撮れます。



 なお、「フラッシュにガーゼ巻くと、光が柔らかくなるよ!」と言うのは、フラッシュの発光部とガーゼの間に空間を入れないと、あんまし効果ない(そのくせホワイトバランスが狂う)ので、「ちょっとした工夫」の範疇を外れそうなんでやめました。
  他にも、照明を入れるとか、色々と写真を綺麗にする方法はあるんだろうけど、そんだけ努力するなら、普通に一眼と首の曲がるフラッシュ買えよって事になるので、そんなこんなで。